空調設備が故障する原因とは?

query_builder 2023/09/08
コラム
22

空調設備を使用し続けているうちに、故障してしまうこともあります。
では、なぜ故障してしまうのでしょうか。
そこで今回は、空調設備が故障する原因についてご紹介します。
▼空調設備が故障する原因
■フィルターの汚れ
フィルターは、ホコリやゴミなどが付着するので、だんだんと効きが悪くなってしまいます。
空調設備は効きが悪くなると、温度を調整しようとフル稼働するので、空調自体に負担をかけてしまうのです。
負担がかかることにより、空調設備は故障へと繋がります。
■使いすぎ
空調設備を休ませることなく使い続けると、負担をかけすぎてしまうため故障する恐れがあります。
常にフル稼働させるのではなく、休ませる時間も設けるようにしましょう。
■使用環境
空調設備が使用されている環境も、故障の原因になる場合があります。
飲食店では、調理による煙や油がフィルター汚れの原因となります。
またペットショップや美容院での故障は、毛や薬剤が付着することが原因です。
放っておくと配管が詰まったり異臭を放ったりするので、まめにメンテナンスを行うようにしましょう。
▼まとめ
空調設備が故障する原因は、フィルターの汚れ・使いすぎ・使用環境などが挙げられます。
空調設備を長く使用するためには、故障の原因を作らない・メンテナンスを行うことが大切です。
川口市にある『株式会社タノックス』は、空調設備工事に携わる人材を募集しています。
福利厚生も充実しており、ワークライフバランスを保ちながら働けます。

NEW

  • 北関東を中心に空調の仕事に興味ある方を求人募集しています。

    query_builder 2023/06/26
  • 正社員として働くメリット

    query_builder 2024/04/01
  • 長く働ける職場の選び方

    query_builder 2024/03/15
  • 職場での人間関係を良くする方法

    query_builder 2024/03/01
  • 室外機の設置場所を決める際のポイント

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE