空調設備の交換に適したタイミング

query_builder 2023/09/15
コラム
23

空調設備は、快適な室内環境を保つために重要な役割を果たしています。
しかし消耗品のため、長期間使用すると劣化や故障のリスクが高まります。
では、どのようなタイミングで新しいものに交換すればよいのでしょうか。
▼空調設備を交換するタイミングとは
■購入後10~15年
空調設備の寿命は、使用頻度やメンテナンス状況によって異なりますが、一般的には10~15年とされています。
この期間を超えると空調設備の性能が低下し、電気代が増えたり冷暖房効果が低下したりする可能性があります。
この期間を目安に、故障する前に交換しましょう。
■不具合が見られたとき
不具合の例としては、以下のようなものが挙げられます。
・異音や異臭がする
・風量や風向きが変わらない
・水漏れや霜柱が発生する
・電源が入らない
・リモコンが効かない
これらの不具合は修理で解決できることもありますが、修理費用が高額なケースや部品の入手が困難なケースも考えられます。
また不具合が頻繁に発生する場合は、空調設備の老朽化や故障の兆候である可能性が高いです。
そのような場合は、修理よりも交換を選択する方が経済的で安全です。
▼まとめ
空調設備は、一般的に購入後10~15年を目安に交換を検討しましょう。
ただし、使用頻度やメンテナンス状況によって寿命が異なるため、不具合が頻発するようであれば交換するのがおすすめです。
当社は群馬県・栃木県・埼玉県をメインエリアとして、空調設備の点検を行っています。
学歴や年齢を問わず新たなスタッフを募集しておりますので、興味のある方はぜひご応募ください。

NEW

  • 北関東を中心に空調の仕事に興味ある方を求人募集しています。

    query_builder 2023/06/26
  • 空調設備の仕事に向いている人とは?

    query_builder 2023/09/22
  • 空調設備の交換に適したタイミング

    query_builder 2023/09/15
  • 空調設備が故障する原因とは?

    query_builder 2023/09/08
  • 空調設備工事を依頼する業者の選び方

    query_builder 2023/09/01

CATEGORY

ARCHIVE